前のページへもどる
 

求人職種アイコンリスト

 
 

求人情報詳細 [東京都] れんげ砂川保育園

                     
 

お気に入りに追加する

 

施設概要

れんげ砂川保育園 [社会福祉法人蓮花苑]

設置主体 社会福祉法人蓮花苑
所在地 東京都立川市若葉町4-24-31
連絡先 TEL : 042-536-5281 / FAX : 042-536-5360
Webサイト ウェブサイトへ
代表者 福山尚子
設立年月 昭和46年7月
園児定員数 138名
職員数 40名
職員構成 施設長1名、主任保育士1名、保育士18名、栄養士2名、調理師3名、看護師1名、非常勤職員14名

 

 
 

施設長からのメッセージ

私は、れんげ砂川保育園に短大卒と同時に入職しました。自分でも園長になるまで、同法人で働くとは思っていませんでした。振り返ってみると園舎の建て替えがあったり、保育時間も変わったり、保育内容も年月と共により充実してきました。近隣の玉川上水や公園への散歩や行事など変わらないものもあります。特に年長児が行う和太鼓や鼓笛は、30年以上の歴史があります。長い年月くり返されてきた保育は、蓮花苑のカリキュラムにしっかりと根付いています。歴史もあり大変なのではと思う方もいらっしゃるとは思いますが、蓮花苑では、優しさを大切にし、オリジナルの指導計画書もありますので安心して働けます。
保育園の職員として働くと、子どもたちや保護者との出会い、時には親子2代の出会いもあります。また、共に考え悩みを相談し合える仲間ができ、退職後も先輩後輩を問わず、会えば自然と昔に戻って話ができる存在です。是非園見学に来て下さい。

 

 
 

園のようす

自然豊かな玉川上水の近くにあるれんげ砂川保育園では、今日も子どもたちの元気な声が響いています。天気の良い日は、よく散歩に出かけ、季節ごとに様々な花や虫、木の実などに触れています。好奇心いっぱいの子どもたちは散歩が大好きです。また、園庭にはきれいな人工芝があり、0歳児クラスの乳児も安心して這い這いをしたり、お座りをして、日光浴を楽しんでいます。固定遊具の「スターリバー」や「きりんの森」も子どもたちに大人気。ちょっとしたアスレチックもついているので、階段を登ったり、いろいろなすべり台を滑ったりと身体を思いっきり動かして園庭遊びを楽しんでいます。

園の4大行事として、夏祭り、運動会、作品展、お遊戯会があります。どの行事も子どもたちには欠かせませんが、その中でも、お遊戯会は乳児から幼児まで、劇やダンス、合奏合唱など、とても素晴らしい発表です。
地域の子どもたちが月2回、お母さんと一緒に「ぴよぴよ」に遊びに来ています。制作や水遊び、園庭でたくさん遊んで過ごしています。
一時保育では、1日定期利用2名を含む、計5名の子どもたちが登園しています。園児と同年齢のクラスに入り、集団生活を共に過ごしています。はじめは、集団生活に慣れない子も園児から遊びに誘ってもらったり、些細なことがきっかけで子ども同士の輪が広がったりと子ども達の力は魔法の様です。

当園では、子どもたちの健康のため栄養バランスはもちろん、見た目も工夫した楽しくおいしい給食を心がけています。季節の食材を使って子どもたちが食べやすい献立を考慮して立てています。また、食育にも力を入れていて食事のマナーの他に野菜の栽培やクッキングなど食材に触れる機会を作り、楽しみながらできる食育を考えています。
調理室からは、子ども達の様子が見えるので楽しく調理することができます。「おいしい」と喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

 

 
 

職員に聞く

私は保育士歴4年目です。子どもたちがどんな活動をしたら楽しめるか、どんなふうに成長してほしいかと考えて先輩の先生方にアドバイスをもらいながら案を立て、毎日違った子どもの反応に喜びを感じながら保育を行っています。「人」を育てる仕事なので簡単な事ではないですが、とてもやりがいのある仕事だと思っています。これからも子どもたちと一緒に成長し続けられるように自分を磨いていきたいです。

保育士歴2年目です。実習とは違って働き始めると大変だと感じることは多くあり、自分の保育に自信が持てず不安になることもあります。しかし「初めは出来なくて当たり前なんだよ。」と先輩に声を掛けてもらったり、優しく教えてもらったりしながら出来る事を1つでも増やそうと頑張っています。まだ1年目ですが、ここの園に就職して良かったと思っています。もっと良かったと思えるように今後も頑張っていきたいです。

私はれんげ砂川保育園に勤めて2年目になります。小さい子どもとふれあうことや料理・お菓子を作ることが元々好きだったので、今保育園で働いていてすごく楽しいです。大きい調理器具が重く大変なこともありますが、子どもと一緒に食べたり廊下で会ったりすると、「これおいしいね」「ありがとう!」と言ってくれるので、とてもやりがいを感じています。子供の成長に合わせたおいしい給食を日々作れるよう成長していきたいと思います。