前のページへもどる
 

求人職種アイコンリスト

 
 

求人情報詳細 [三重県] ぼだいじこども園

                     
 

すべての子どもたちに明るい未来を…

お気に入りに追加する

いつの時代も大切な事、大切にしなければならない事は変わりません。
私たちはあたりまえの事、あたりまえだった事をより安全に、より深く、より時間をかけて、乳幼児期に必要な環境と、保護者への支援、地域への教育・保育を提供します。

 

施設概要

ぼだいじこども園 [社会福祉法人 ぼだいじ福祉会]

設置主体 社会福祉法人 ぼだいじ福祉会
所在地 三重県津市南中央10-18
連絡先 TEL : 059-228-7473 / FAX : 059-228-7483
Webサイト ウェブサイトへ
代表者 永瀬 時久
設立年月 昭和43年3月
園児定員数 120名
職員数 31名(男性3名、女性28名)
職員構成 園長/1名 副園長/1名 主幹保育教諭/2名 副主幹保育教諭/2名 保育教諭/24名 調理師(外部委託)/4名 事務員/1名

 

 
 

施設長からのメッセージ

(園長 永瀬 時久)
平成生まれの保育教諭が当園にも誕生しました。時代の動きを感じます。働く女性を支援する目的で始まった保育園が時代と共にその姿を進化させてきました。今は女性の就労を支援するという大原則を死守しながら、教育・保育を必要とする人を支援する、地域の子育てを応援する、保護者のリフレッシュを支える等々の広域な場面での役割を課せられています。資本主義社会の中において、こども園自体は何も生産しませんが、その生産を下支えする機能を果たしています。こども園なくしては、保護者が社会に出て活躍し、貢献するために子どもの育ちを保証するところはないと言っても過言ではありません。現在、乳幼児期の子どもたちが20年、30年後には社会のエネルギーとなって大活躍してくれます。私たちこども園の職員はそんな未来を支える子どもたちと一緒に今を生きて、とても誇らしく感じています。この感動を是非共有しましょう。

 

 
 

園のようす

「心身ともに健やかに伸びる子ども」を教育・保育目標に、園外教育・保育は地域の公園、広場、海岸、神社等に出かけます。ご近所の未就園児さんや高齢者の方々との交流を楽しみます。
園内では、食育活動、リトミック教室、もじかず教室、スイミング、科学遊び等のプログラムを立て年齢毎に「よく遊び!よく学ぶ!」をモットーに「経験は知識の源」を合言葉に園生活を充実させています。保育教諭がこども園の生活を楽しむ事こそ、子どもたちへの一番の人的環境になります。子どもたちの育ちを守るために保護者、地域、職員が力を合わせより良いパートナーシップを築いていきたいと思っています。

 

 
 

職員に聞く

(伊藤菜月)2年目

子どもが大好きで、子どもに携わる仕事がしたいと思い続け8年。その夢が去年叶い、今年で2年目を迎えます。実際に現場で働いてみると、楽しいことばかりではなく、悩む毎日・・。ですが、子どもたちの笑顔や、昨日できなかったことが今日はできるようになっているという感動の瞬間にたくさん出会うことができ、とてもやりがいを感じます。そして、1日たりとも同じ日はない中で、発想豊かな子どもたちの考えに驚かされたり気付かされたりしながら、子どもたちから日々たくさんのことを学んでいます。
一人ひとりの気持ちに寄り添い、子どもと一緒に成長し続ける保育教諭でありたいと思います。

(福澤麻希)3年目4歳児担任

子どもが大好きで保育教諭になりたいというのが小学生の頃からずっと夢でした。そんな憧れの保育教諭になり、子どもの個性を尊重するこの園で、一人ひとりの個性に合わせた対応に答えがなかなか見つからず悩むこともありますが、遊びを中心に、いろいろな事に挑戦しながら成長していく子ども達の姿を見ることができた時はとても幸せに感じます。子ども一人ひとりの喜怒哀楽の感情に寄り添いながら、子どもと同じ視点を持って接することのできる保育者でありたいと思います。

(山本祐子)3年目3歳児担任

子どもが大好き、という純粋な思いから、小学生の時から憧れていた保育教諭という仕事。ようやくその夢を叶え、無事に保育教諭になることができました。保育教諭になり改めて感じたのがその難しさです。子どもの成長にとってとても重要となるこども園での生活や経験に、保育教諭がどのようにして関わっていけば良いかを考えながら日々の教育・保育をしています。子どもの成長を間近で感じることのできるこの仕事に誇りを持ち、「子どものため」を最優先にこれからも励んでいこうと思います。